もうすぐ七夕☆

今日は7月7日の七夕に向けて、七夕飾りの製作に取り組むクラスが沢山いました。各クラス、担任の先生が毎年子ども達の成長に合わせて製作内容を考えます。材料も様々で、紙皿を使ったり、折り紙を使ったり、画用紙を使ったり、絵の具を使ったり・・・何日間かに分けて七夕飾りを作っていきます。今年は各クラスどんな七夕飾りが完成するか楽しみですね。

ばら組さんではちよ先生が、七夕飾りを作る前に「たなばた」の歌の意味を子ども達にお話ししていました。♬ささのはさらさら のきばにゆれる~♬「『のきば』ってみんな知ってるかな?」とお話ししながら、みんなに「のきば」の写真を見せて教えていました。【「のきば」→軒(のき)は、屋根が建物の壁面より外に出ている部分。その端(はし)ですので、軒の先端、軒口の事。】ということですが、最近ではなかなか見ることのない場所ですよね。

その後、七夕の短冊の話もしていました。子どもの中には「七夕のお願い事」と「サンタクロースへのプレゼントのお願い」がごっちゃになっている子もいるんです。なので、ちよ先生が短冊に書くお願い事の意味もお話していました。さぁ~、どんな願い事を考えてくるかな??楽しみですね(*^-^*)
年長さんの3クラスでは、工夫を凝らした七夕飾り作りの真っ最中!!ふじ組ときく組は同じ「折り染め」をしていたのですが、ふじさんは障子紙・きくさんはコーヒーフィルターを使っていました。どんどん絵の具が染み込んでいく様子に子ども達も興味津々でした。あやめ組さんでは、水性ペンと水を使っての「にじみ絵」と、鉄ブラシと網を使って絵の具をはじく「スパッタリング」を使って幻想的な星空を表現していましたよ。

午後からは3階ホールで年中さんが七夕のペープサートをしていました。七夕の日、みんなの願いが叶うといいですね☆

    ☎ 092-821-1527
    ☎ 092-821-1527