お山のすべり台

高取幼稚園の園庭には大きなお山の滑り台がありました。40年以上前から園庭のシンボル的存在で幼稚園の子ども達をずっと見守ってくれていた滑り台。お山の頂上に登るには、埋め込まれた色々な形状の石(今でいうボルダリングのような感じ)を手と足を使って登らなければいけません。
登るコースも、簡単なコース・難しいコースがあり自分たちで色んな登り方を楽しんでました。登った後も、みんなで手をつないで滑ったり、電車みたいにつながって滑ってみたり・・・。山の下にあるトンネルには子ども達が秘密基地のようにかくれておもちゃで遊んでいたり、夏は土管の冷たさが気持ちよくてその中で涼んでいる子どももいました。
そんな大人気のお山の滑り台が今回新園舎工事の為、撤去される事になりました。先日工事現場を見に行くともう滑り台がなくなっていました。たかとり日記用に写真を撮っていると、工事現場の方から「人気の遊具なんですか?」と聞かれたのでお話しすると「子ども達にとっても、先生たちのとっても思い出の詰まった遊具だったんですね」と言って頂き少し感慨深くなりました。
☆ひろみメモ☆
先生の紹介は最終回となりました。今回はぞうさんクラブの「さおり先生」。さおり先生は、ぞうさんクラブの担任でもあり、事務所の先生でもあり、他のクラスの助っ人先生でもあり、お預かりの先生でもある何でもこなすオールマイティーな先生です。子ども達への声かけや援助はもちろん、現場の先生達の指導や相談にものってくださります。なかでもお遊戯会の合奏の指導の時は、全クラスの曲の楽譜を把握し、構成や指導などすべてに携わっているんですよ。
家に帰ると中3の男の子と小6の女の子のお母さんで、お母さん目線で幼稚園の子ども達や保護者と接する事ができる職員が憧れる先生です。

    ☎ 092-821-1527
    ☎ 092-821-1527